コスト削減

コスト削減・業務改革の実行とフォローアップ 株式会社アクティブ・コンサルティング

コスト削減ホーム  >  

コスト削減・業務改革プロジェクト  >  

プロジェクトの全体像

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   コンサルティング・研修等

コスト削減テーマの社内研修

業務改革プロジェクト

事業再生コンサルティング

次世代経営者育成アカデミー

   会社情報

会社情報

会社概要

代表者紹介

プライバシーポリシー

ご利用ガイド

アクセスマップ

   公開セミナーのご案内

公開セミナー「後継者育成」


コスト削減・業務改革の実行とフォローアップ


紅茶

業務改革の実行には試用期間を設ける

コスト削減・業務改革プロジェクトで、入念に検討して決めた業務改 革計画であっても、いざ実際に実行してみると、当初は予測できな かった問題点が発覚することがあります。完全に導入してからの修 正は、大きな混乱を招きますから、新たな業務改革策を導入する場 合には、必ず試用期間を設けるようにします。試用期間は改革内容 にもよりますが、通常は2〜3ヵ月間程度です。そこで十分な検討 を加えてから、本格導入するようにします。 成果との見合いを慎重に検討するということが大切です。

紅茶

業務改革の実行に着手して成果を検証する

本格的な業務改革策を導入した後も、それによって、業務の効率化 が図れたのか、当初に計画していた通りのコスト削減ができたのか、 その改善策を実行する上で、負荷は大きくないか、長期的に実行し ていける策なのかなどを、十分に検証していくことが重要です。そ して、もし改革策に修正が必要な場合は、タイミングを見て、混乱 が起こらないように注意しながら、修正をしていきます。

紅茶

さらなる業務改革に向けての新たな課題を抽出する

コスト削減・業務改革プロジェクトが完全に成功して終了し、確かな 成果をあげたからといって、それで終わりというわけではありませ ん。そこから、さらに新たな課題を見出して再びコスト削減・業務 改革に取り組むことが望まれます。その意味では、コスト削減・業 務改革は永続的に続けるものであるということができます。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

   主要項目へのリンク



コスト削減コンサルタント料金

 



コスト削減チェックリスト

 



コスト削減事例の募集

 
 

←コスト削減・業務改革のための改革計画書へ

→コスト削減・業務改革プロジェクトへ


▲このページ(コスト削減・業務改革の実行とフォローアップ)のトップへ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2012 Active Consulting