コスト削減

コスト削減・業務改革のための現状分析 株式会社アクティブ・コンサルティング

コスト削減ホーム  >  

コスト削減・業務改革プロジェクト  >  

プロジェクトの全体像

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   コンサルティング・研修等

コスト削減テーマの社内研修

業務改革プロジェクト

事業再生コンサルティング

次世代経営者育成アカデミー

   会社情報

会社情報

会社概要

代表者紹介

プライバシーポリシー

ご利用ガイド

アクセスマップ

   公開セミナーのご案内

公開セミナー「後継者育成」


コスト削減・業務改革のための現状分析


紅茶

現状の業務の流れを正確に把握する

コスト削減・業務改革のための現状分析とは、現状の業務がどのように 進められているかを正確に把握することです。そして、その中で特に 非効率と思われている業務については、重点的に調査します。経営者 や管理者からの情報収集はもちろんですが、現場に行って直接話を聴 いたり、利用されている情報システムを試してみたりします。

紅茶

業務の流れの中でボトルネックを探す

コスト削減・業務改革を進める上で、ボトルネックがどこで発生して いるかを見つけ出すことは、とても重要です。部門間の中でのボトル ネックはもちろんですが、部門を超えた業務のボトルネックを探すこ とで、全体最適への道筋が発見できることが多いです。一見、効率的 に見えても、実は非効率という業務が必ず発見できるはずです。

紅茶

定量・定性の両面から現状分析を進める

コスト削減・業務改革のための現状分析は、必ず定性と定量の両面か ら進めることが大切です。インタビュー結果などは、語り手のニュア ンスまで正確に記録しておくようにします。そして、定性的なものは フローチャートに、定量的なものはグラフに加工するなどして、分析 結果が誰の目から見ても、わかりやすくしておくことが、次の段階の 問題抽出につながります。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

   主要項目へのリンク



コスト削減コンサルタント料金

 



コスト削減チェックリスト

 



コスト削減事例の募集

 
 

←コスト削減・業務改革プロジェクトの調査計画へ

→コスト削減・業務改革のための問題点抽出へ


▲このページ(コスト削減・業務改革のための現状分析)のトップへ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2012 Active Consulting