コスト削減

コスト削減とアウトソーシング 株式会社アクティブ・コンサルティング

コスト削減ホーム  >  

コスト削減の基礎知識  >  

コスト削減とアウトソーシング

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   コンサルティング・研修等

コスト削減テーマの社内研修

業務改革プロジェクト

事業再生コンサルティング

次世代経営者育成アカデミー

   会社情報

会社情報

会社概要

代表者紹介

プライバシーポリシー

ご利用ガイド

アクセスマップ

   公開セミナーのご案内

公開セミナー「後継者育成」


コスト削減とアウトソーシング


鍵

アウトソーシングでコスト削減が可能になる場合がある

自社でやるよりもアウトソーシングすなわち外部に業務を委託することによって 社内に人材を抱えるよりも、コストダウンが図れる場合があります。このような 業務は、積極的にアウトソーシングをします。逆に、アウトソーシングをしてい た業務を内製化することによってコスト削減を図れる場合もあります。

鍵

コア事業はアウトソーシングしてはならない

会社を発展させるためには、自社のコア事業を明確にすることが必要です。コア 事業は絶対にアウトソーシングせず、それ以外の業務をアウトソーシングするか 社内でやるかを詳細に分析して、トータル的な見地から判断します。

鍵

コスト削減のためには丸投げしてはいけない

たとえアウトソーシングのほうがコスト削減が図れると判断しても、決して丸投 げしてはいけません。あくまでも業務を委託するだけであり、業務内容の決定や 業務結果の評価は、自社でしっかりとやるべきです。

鍵

アウトソーシングでスリムな組織を目指す

社内でやる業務とアウトソーシングする業務を最適に組み合わせることにより、 組織をスリム化して、効率のよい業務ができる経営体制を築きます。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

   主要項目へのリンク



コスト削減コンサルタント料金

 



コスト削減チェックリスト

 



コスト削減事例の募集

 
 

←コスト削減ができない理由へ

→コスト削減の基礎知識へ


▲このページ(コスト削減とアウトソーシング)のトップへ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2012 Active Consulting