コスト削減

コスト削減の意味 株式会社アクティブ・コンサルティング

コスト削減ホーム  >  

コスト削減の基礎知識  >  

コスト削減の意味

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

   コンサルティング・研修等

コスト削減テーマの社内研修

業務改革プロジェクト

事業再生コンサルティング

次世代経営者育成アカデミー

   会社情報

会社情報

会社概要

代表者紹介

プライバシーポリシー

ご利用ガイド

アクセスマップ

   公開セミナーのご案内

公開セミナー「後継者育成」


コスト削減の意味


先生

コスト削減は経営体質の強化である

コスト削減は戦略レベルの重要な課題であり、コスト削減を進めることは 経営体質の強化につながります。コストが下がれば、売価を下げても利 益を確保することができるため、コスト削減は売上増大にも直結するの です。したがって、コスト削減の目的の1つは売上増大を実現すること であり、そのために無駄なコストを徹底的に省くのです。実際には、い かにサービスレベルを落とさずに、コストを下げていくのかが大切です。 最大売上、最小コストを目指して、全社員が一丸となってコスト削減に 取り組むことが重要です。

鍵

コスト削減は最適バランスの配分である

会社が活動することにより、いろいろなコストが発生します。言い換えれば、 コストを使うからこそ、売上を高めたり、事業を成長させたりすることが できるのです。ただし、コストは無尽蔵に使えるわけではなく、使えるコス トには限りがあります。したがって、どこにどのようなコストを使えば、会 社の売上や利益に貢献するのかをよく検討しなければなりません。コスト 削減は、ただ単に節約することではなく、有効なところに十分なコストを 使い、無駄なコストは徹底的に削減すべきです。削減したコストは、そのまま 純利益増となることを覚えておいて下さい。

鍵

コスト削減の具体的なイメージを描く

いざコスト削減と言われても、何をどうしてよいか分からないという経営 者も多いことでしょう。アクティブ・コンサルティングでは、実際にコスト削 減に取り組むに当たっては、大きく3つの考え方があると思います。1番 目は、取引条件の改善です。すべての経費には支払う相手があるので すから、そのすべての取引先に対して、削減交渉をするのです。2番目 は、使用量の削減です。コストを使う時に、少なく使っても効果が下がら ないように工夫するのです。これもすべてのコストを対象に使用量に無 駄がないかチェックします。3番目は、設備投資です。コスト削減に有効 な最新設備を投入することで、トータルコストの削減を図ります。ただし、 経費削減コンサルタントと名乗る業者などが持ちこむ小手先の怪しげな 設備機器には手を出さないほうが無難です。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい

   主要項目へのリンク



コスト削減コンサルタント料金

 



コスト削減チェックリスト

 



コスト削減事例の募集

 
 

←コスト削減の基礎知識へ

→コスト削減の効果へ


▲このページ(コスト削減の意味)のトップへ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2012 Active Consulting